FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

朝の騒動

2009/08/08
私達が朝食を食べている時、姫と大輔は庭に出て行きます。
暑さが40℃を越す前に庭を散策~。
大輔はすぐに帰ってきますが、姫はしばらく外にいます。

朝食後、しばらくしてからまた大輔がまた外に出ていきました。
姫もそろそろ、中に回収しなければ~と一緒に庭に出ると、姫のいつもとは違った鳴き声がしました。
大輔が吹っ飛んで行きました。
急いで駆けつけると、庭の植え込みの奥に大輔と姫がいました。

大輔が姫の前にいて、地面をクンクンしています。
何事?と植え込みを掻き分けてみると、少し離れて大輔と対する位置に猫がいました。
大輔が姫をかばって、猫に落ち着いて~とカーミングシグナルを出しているようです。

何とか大輔と姫を説得して、植え込みから出てこさせました。
おとなしく猫から離れてくれたので、ホッとして庭の椅子に座っていると、姫が珍しく傍に擦り寄ってきました。
いい子ね~などと、ナデナデしたのですが、その時姫の鼻に血がついているのに気がつきました。

ひょっとして猫に引っかかれた???!!!
野良猫はどんな病気を持っているかわからないので、気をつけるようにと聞いたばかりです。
パニック状態で急いでお医者に電話しました。

1件目のアメリカ人のお医者さんは電話が通じず(多分夏のバケーション中)、
2件目の以前偶然散歩中に会ったフィンランド人夫妻お勧めのお医者さんは、午前中はいっぱいとのこと、3件目のペットショップの専属医にやっと、いつでも来てくださいと言われました。

急いで、大輔と姫を連れてペットショップへ急ぎました。

ペットショップで、医者は2階だよ~と言われ、行ってみると、白衣も何も着ていない普通~のおに~ちゃんがいました。姫の予防注射の記録を見て、「ちゃんと予防注射しているから、大丈夫だよ~」で終わりでした。

せっかくそこまで行ったので、ほかにリヤドで必要な薬や予防注射はないのか?と聞いてみると、ダニの予防が必要だよ~と注射器を取り出します。
え?注射?今まで注射なんてしたことなんだけど。フロントラインとかそういう種類のは無いの?
しかも、体重も量らずにいきなり注射?

結局注射はせず、ノミ・ダニ予防のシャンプーを買って退散しました。
何のためにペットショップまで行ったのか...
あの店には二度と行かないぞ~!
夏の休暇シーズンが終わったら、アメリカ人の先生にちゃんと診てもらおうと思っています。

姫はおかげさまで元気です。

優雅にピクニックしている大輔&姫です。
美味しいですか~?

dai et hime


大輔 「おいしいよ~」
姫 「あたち、今いそがち~のよ」

picnic


遠くから見守っていると、姫はあっという間に食べ終わったようでした。

finished!
21:13 大輔&姫 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
そちらでの生活と大ちゃん、姫ちゃんの様子が分かって見ててとっても楽しいです。
姫ちゃんの猫パンチ、びっくりでしたねー。
鼻で良かった~
猫は目を狙って来ますから気をつけてねー。
大ちゃんも姫ちゃんも横になったままの食事ですか?
胃へすんなり入ってくれるのかなあ?(笑い)
後ろはコリウス?
大したことなく良かったですね、逃げないで向かって来るなんて。姫ちゃんこれに懲りて追いかけないように。
大事に至らなくて、良かったです。
どこで暮らしていても、柴犬気質のハンター魂は忘れないんですね~(^^)
たくましい♪
日本でだって獣医探しは大変なんですから、海外では尚更ですね。

ピクニック、楽しそうです。

猫ちゃんは、日本と同じ風貌なんですか?
たいへんでしたね
猫はやっぱやんちゃですねぇ
いやいや血が出てたら、怪我ですからねぇ、心配ですねぇ。
やっぱイザ!ってときは大輔!ですね。男の子ですねぇ。

獣医さん探しは大変そうですねぇ。
アメリカの先生が良い先生だといいですね。
実はaoさん、まだ行きつけの病院が無いんですよ。
丈夫過ぎて…
No title
v-22miiba-baさん、こんにちは~

ああ、そうですね。
本当に目じゃなくてよかったです。
これに懲りて、猫を追っかけるのは止めてくれるといいのですが。無理でしょうねぇ。

大輔と姫は普段から寝そべったままで食事します。
そういうわんこは珍しいみたいですね。

庭には色々な花や植物があるのですが、ほとんど名前がわかりません。コリウスって言うのですか?

v-22姫さん、こんにちは~

追い詰めちゃうと、猫は向かってくるようです。
これに懲りて追いかけないようにして欲しいのですが、お転婆姫のこと、無理でしょう~。

v-22Saoekoさん、こんにちは~

大輔はのんび~りした性格なので、猟犬気質も薄いのですが、姫は凄腕です。
ブローニュの森ではウサギを仕留めてしまったこともあります。

こちらの猫は小さくて可愛いんです。
大輔と姫がいなかったら養子にしたいような子がたくさんいます。

v-22Tさん、こんにちは~

大変でした。
でも、姫が無事でホッとしました。

v-22相方さん、こんにちは~

大輔、普段は姫のこと無視しているのですが、イザという時には頼りになります。

ao姫も行きつけのお医者さんがないのですね。
病院に縁がないのは良いことですね~。
本当に健康そうで、いつも写真を見て、あのほっぺに触ってみたい~って思っています♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。